読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

四十路

まだ20世紀だった大学の卒業式、全体のんが終わって、専攻ごとに教室に集められて、先生方からのあんまり覚えてませんがありがたいありがたいお話がありました。よく知らない西洋史のおじいさん先生(ぼくは日本史コース)がでっかい声で
 
「キミたちの青春は終わったっ!!!以上ぅっ!!!」
 
あの先生ヨレヨレやのにあんなでかい声出るんやなと驚くととともに、よく知らないおじいに一方的に青春の終わりを告げられてちょっとだけ動揺しました。
 
 
中国には五行思想というのがあって、水金地火木土天海・・・じゃなくて木火土金水で万物は成り立ってうにゃうにゃという、めんどくさいのではなくて本当に説明できないなんか難しい思想なやつです。その中で季節には色がついており
  
青春、朱夏、白秋、玄冬。
 
それを人生に例えてあの頃のことを青春というらしいです。青春以降については普段あまり耳にすることはありませんが、一応年齢の区分があるらしく、大卒で青春は終わりと言ったあの教授はかなり厳しめ。気になった方はぐぐってみてください。教授は22歳の我々に、これから人生の朱夏に向かってゆけよゆけゆけよと伝えたかったわけでしょう。たぶんね。で、あてはめると、どうやら今のぼくは予想通りその朱夏にいるようです。同級生が誕生日を迎えて「初老になりましたw」と自虐的に言うものの、(平均的に)社会人としても人間としてもようやくの折り返しに近いとこで、まだまだやることはあるはずやし、まさに朱夏というにふさわしく真っ赤に燃えている、それが40歳というものなのですよ!!!
・・・とまで強く投げつけないにしても、なんとなーくそうかなーとは思っています。
 
 
ぼくの社会人?勤め人?としての火は点いたり消えたりしておるのが特徴的なのをご存知の方もそうでない方もいらっしゃいますが、最近で言うと不慮の事故的なもののおかげさまで5年前に火が消えました。んで、もうそろそろええやろ、ってことで今年のアタマに試しに着火してみました。ところがまだまだ湿ってたらしく、半年ほど焚き付ける努力をしたものの疲れてしまい、残念ながらもう一度消すことにしました。失敗ではありましたが30代最後のチャレンジとしてあれはあれでよかったのかなという甘めの自己評価で強引に納得しています。いまは持続的に燃えるように地味に焚き木の乾燥作業をしております。目指せ軽いめのBusiness Continuity Planning。
 
年相応どころか完全に鎮火しとるがな、なのでまぁまぁ困ってます。いろんな方に気にかけてもらっております。ありがとうございます。健康状態はエキサイトバイクの一瞬ウイリーしないとコケるやつみたいなんに引っかかりまくりでコースアウトしまくりなものの、ボタン連打して早く走れる状態に戻すの繰り返しでどうにかしてます(40代男向け例え)。一番多い質問はどうやって生活してんの?ですが、話が生々しいのでお会いしたときにでもまた。ただ急いてもロクなことがないのは実証済みなので、もうしばらくはこの感じでいきます。仕事は一応の目標があって、アレしてアレしたあとにアレになるからアレにハマれば上手くいくはず。はずはず。うまくいくかどうかは、やってみんとわからんっちゅうねん。おそらく1年で結果は出ませんが、青写真通りにいけばいいなーという思いを持ちつつ少しずつクリアしていこうかと。これで不惑の四十ということにしておきましょう。真っ赤に燃え盛らなくても地味な炭火みたいなもんでもあの教授はきっと許してくれるはず。でも急がない急がない。ひと休みひと休み(で6年目)。
 
話がガラららっと変わりますが、数年に一度しか映画館に足を運ばないこのぼくが、今年は3本も観てしまいました。その中の1本はいま話題になっている「この世界の片隅に」。呉が舞台のアニメ、としか敢えて情報を頭に入れずに鑑賞しました。【ややネタバレ】話題になっている理由は、主人公をがかわいそうとかがんばれとかかわいいとか(・・・っていうのもまぁあるか。)戦争反対とか、そうではなくて、観た人はどこかで自分の姿に重ね合わせてぐっさぐさ来てるのだろうなと。何かを抱えていて、それでも日々を過ごしてゆく、過ごしてゆかなければならない、過ごしてゆける、ということをもう一度見つめ直す機会になっているのだろうなと。ぼくもその一人になりました。自分のこれぞ!というものが剥がれ落ちてしまって、まぁまぁ地べたを這いつくばっている状況の自分にはぐっさぐっさぐっさです。ぼくはいろんな人に囲まれて、やるべきこともあって、つまりは居場所があります。だからこそ、だからこそ生きていけておるのです。あんまり外的刺激が生き方を考える機会になることはないのですが、ぼくの中での軸というかベクトルというか、なんかそういうやつに少なからず影響を与える作品でした。
 
あと、勤め人ではない不安はあるにせよ日々の生活はご覧の通り楽しく継続中です。まぁ人生やらそれを取り巻く社会なんてもんは不条理だらけなんすよねー、へっへっへー (゚∀。) 、って開き直ると結構やっていけるようになりました。ここが映画とかぶってたのかもしれません。
 
・・・話がまとまらんな。
 
たくさん祝っていただきました。とりあえずぼくはまだいけます。
ばばっとこれくらいのポエム書く余力はあるみたいです。
白髪増えましたけども。
老眼気味ですけども。
あ、あと最近ネットで殺害予告されましたわ。大丈夫大丈夫大丈夫。
 
今後ともご愛顧の程をヽ(・∀・)ノ!!!